アドレスV125Sのエア抜き1回目

盗まれたボルトは中古で500円で購入したと書いたが
これでボルトを止めても、ブレーキは全然効かない
何故かと言うと、ブレーキマスターシリンダー
ブレーキホース、キャリパーに空気が入ってるからだ
マスターシリンダーにブレーキオイルを入れても、ブレーキオイルは
マスターシリンダーに入っていかない

何故かと言うとマスタシリンダーの中には空気が入ってお入り
ポンピング(ブレーキレバーをニギニギする事)しても
入っていかないのだ、何故かというと空気は圧をかけても
圧縮されるだけでブレーキレバーを放せば空気は元に戻るだけなのだ
そのため手作りで作った吸引機、理想は注射器が欲しかったのだが
無かったので、写真の物を手作りで作った、このビニールホースをニップルに
差し込みシュコシュコシュコシュコするのだ
負圧をかけブレーキオイルをマスタシリンダーから
吸引するのだ最初直ぐ抜けると思っていたが
全然抜けないorz

何回もシュコシュコしてもブレーキオイルが出てこないのだ
普通は数十回シュコシュコすれば、ブレーキオイルは出てくるはずなのだが
100回近く吸引しても抜けない
仕方ないので盗まれたボルトを外し、自然にブレーキオイルが流れてくるのを
待つことにした、時間は15分ごとにマスタシンダーのブレーキオイルを確認
1時間待ったが、ブレーキオイルが全然減らないのだ
普通は30分も放置すればブレーキオイルは自然に垂れてくる
それで現在フロントブレーキが効かない状態、仕事もあるし
バイクにずーとは構ってられない

フロントブレーキはディスクブレーキなので制動力が強い
それに比べドラム式(リーディングトレーリング)は
どうしても制動力が弱い、そのため普段の乗り方では
所定の位置に止まる事が出来ないのだ
癖でいつものように止まろうとしたら、確実に止まる事は出来ない
ブレーキを俺は意識して前6 後ろ4でブレーキ操作をしている
前6がないから当然止まる事は出来ないのだ
そのために前方の車には、十分な車間距離を取らなければならない
しかし癖と言うのは恐ろしいもので、止まろうとしたら危うく前の車に
接触しかけたので、止まる直前に前方の車の左側に避け接触を回避したのだ
ちなみに前の車はプリウスだった 最新型だ(汗
マジで怖かった、その後心臓ドキドキしたし(涙
何とか無事自宅まで帰ってこれた 本当に怖かったんです
明日もエア抜きします、天気は雨降りそうな予報になってるけど
早く空気抜かないとマジで死ぬ
最後にガンマリ(方言でいたずら)した人殺す!

忘れてました、ブレーキ系統は保安部品です
不用意に触ると最悪事故を起こす可能性があります
十分な知識の持ち主か整備士の方としてください
この記事を読み、自分で整備される方は
「自己責任に同意したとみなします。
当方いかなる責任もおわないものとします」