沖縄ではヒージャー(方言でヤギ)を殺して食べる習慣がある

沖縄ではヒージャー(方言でヤギ)をお祝いに時殺して食べる
習慣があるのだ、俺は殺すを見た事ないが毛をバーナーで焼くのは見た事ある
この時の匂いは今でも覚えてる程の臭さ
毛の焼ける匂いは強烈だった、年齢すら覚えてないのに匂いは覚えてる
従兄はこの匂いでヒージャーを食べれなくなったそうだ
この皮膚まで焼ける匂いはグロサイトでは伝わってこない
焼くのは人も含め何百人と見てきたが、匂いだけは伝わってこない
死臭とやらも含め俺は臭いをかいだ事が少ししかない
今までにたった5回程だ、人が殺されるのは数百人は見てきたが
匂いはたった5回程 死臭を嗅いだ感想は嫌な臭いとだけ書いておこう
別日もう匂いは嗅がなくてもいいやっと思うほど死臭はない
叔父さんが無くなった時初めて心に思い匂いを嗅いだが「これが死臭か・・」
という感想しかなかった、別にグロくないし、少し臭いっと言う程度だった
それからも死臭を嗅ぐ場合はあったのだが、別に嗅ごうとは思わない
正直死臭なんてどうでもいい グロの方がまだましだなっと思う
グロだと現実味が薄れるってのもあるかも知れないが
もう死臭はいい、十分だ。
話を元に戻そうヒージャーは美味しい!
たまらない上手さだ、特にご飯となら最高である!

ヒージャーの味を説明するとちょっと匂いが独特てある程度なので
沖縄に来られた方はゴーヤーもいいいが、是非ヒージャーを進める( *´艸`)
匂いがダメっという方もおられるようだが(;^ω^)/
栄養もあるんですよ(*’▽’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です