ラジエーターの修理2

早速実家にムーブのラジエーターの修理向かう
車庫でいい具合に修理しやすいように止めてあった、ボンネットを開けて
早速ラジエーターキャップを開けて見る
覗く限り水は見えなかったリザーバーもから
手を突っ込みアッパーホースを握りつぶしてみる
これは何の意味かというと、ホースは劣化すると固くなる、そうするとヒビが入るのだ
これが原因でアッパーホースやロアーホースから水漏れが起こる事もあるのだ
んで、感触は普通、次はエンジン回りを見る、めったにないがガスケットやシールの部分から漏る事もあるのだ
次はウォーターポンプが逝ってしまう事もあるので、外して確認しないといけない
取り合えずラジエーター持ち込み修理とう言う事になった
ムーブを含め軽は外しにくい、隙間があまりなくバンパーを外す事もある
ちゃっちゃと済まそうと思ってラジエターターの水抜き栓を外す
色は少し茶色い掛かっていた、つまり錆って事ね
30分ぐらいでラジエーターを外して近くの民間車検場に持っていく
整備士と話をしてアッパーホース&ロアーホース半だ丈夫なのを伝えて
ウォータポンプ周りやエンジン回りは水漏れがない事を確認した事を伝える
サーモスタットも今から見てみますと伝える
整備士からはサーモスタットの可能性は高いので、確認お願いしますとの事でした
家に帰って鍋で水を沸騰させてサーモスタットを入れて正常に動くのを確認した
後は見積もり費用がいくらかかるのかが問題だ

サーモスタットっと言うと簡単に言うと弁なのだ
エンジンは暑くてもダメ、冷たくてもダメで
適温というのがるのだそのためエンジンが冷たいときはサーモスタットを閉じ
エンジンが熱くなるとサーモスタットが開くのだ、そのため
エンジンが熱いのにも関わらずサーモスタットが開かなければオーバーヒートしたり
シールやパッキンガスケットなどから漏る可能性があるのだ
簡単にって書いたのに全部書いてしまったw

■警告 オーバーヒートしたラジエーターのキャップを素手で開ける事は絶対に止めて下さい
約100℃まで上がってるので火傷します、ウエスで開けたとしてもいきなり蒸気が
吹く可能性があります、この蒸気は先ほどの述べた通り約100℃まで達しています
正確に言うと詳しい説明は省きますが100℃以上になってる可能性もあります
車に詳しい人か、自動車整備士に頼んだ方が無難です 以上をもって警告とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です