ラジエーターの修理

オカー(方言で母親の事)の車ムーブが何かランプがついていると携帯に掛かってきた
話を聞かなくても直ぐにピン解った、ラジエーターのオーバーヒート
「どうしたん?」っと聞くと、案の定オーバーヒートの警告灯が点灯しているとの事
「今どこにいるん?」っと聞くと「コンビニの駐車場」っとの事
捨てるペットボトル2Lのを3本バイクに積んでコンビニに向かう
着くとオカーとおばさんが煙草を吸っていた
ボンネットを開けると物凄い熱気が((+_+))
インパネ見ると物の見事にオーバーヒートの警告灯が付いている
ウエスでラジエターキャップを開けるとプシューーーっと蒸気が噴き出る
蒸気が止まってペットボトルから水を入れるとさらに蒸気が( ゚Д゚)
ラジエーターから水があふれても水をラジエターに注ぐ(ラジエーターを冷やすため)
母親に「どこに行くん?」っと聞くと、老人ホームにおばさんとオバー(方言でおばあちゃんの事)に
会いに行く途中だとの事、母親に「老人ホームには行かないで直ぐに家に戻った方がいい」っと忠告
ラジエターからどの程度水が漏れてるか分からないので、ペットボトル3本トイレで水をいっぱいに入れて
渡し、「途中また警告灯が付いたら俺に電話するか、さっきみたいに雑巾でラジエターキャップを左向きに回して
ラジエターキャップを取ってペットボトルの水を入をあふれても入れ続け、ペットボトルが空になったら
ラジエターキャップを右回りに閉めてさっさと家に帰って」っと言ったものの母親にラジエターキャップを
明けさすのは酷だなと思って、自宅に帰り後悔する、15分ごとに実家に電話2回目(30分)で無事到着したとの事
「警告灯点いてたん?」っと聞くと点いてなかったとの事、「俺が見るからムーブ乗らないで、
見んと何とも言えないけど、アッパーホース、ロアーホースだけなら1万以下で収まると思う
ラジエター部分なら2万前後は掛かると思う、アッパータンクやロアータンクなら1万以下で済むでしょ
おじさんにもそう伝えておいて、」っと言って電話を切る ラジエターの修理ぐらい簡単だが
工具がない、工具がないと何もできないし、何もできないもどかしさもある
次はムーブのラジエーター修理2をお届けします($・・)/~~~

 

■警告 オーバーヒートしたラジエーターのキャップを素手で開ける事は絶対に止めて下さい
約100℃まで上がってるので火傷します、ウエスで開けたとしてもいきなり蒸気が
吹く可能性があります、この蒸気は先ほどの述べた通り約100℃まで達しています
正確に言うと詳しい説明は省きますが100℃以上になってる可能性もあります
車に詳しい人か、自動車整備士に頼んだ方が無難です 以上をもって警告とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です