母親の体重が36Kgに落ちた

今日はハルサー(方言で畑仕事)は雨で休み
朝7時に電話が入り、雨で休みだと言われた
休みと決まったので布団でボートしてたら、寝てしまい電話で起こされた
母親が今日は通院の日で病院に行きながらよると言われた
病院へは俺のアパートの近くを通るので病院行きながら寄ってくれる
母親がアパートのドアの前に来ると「ドンドン ガチャガチャ 新聞受け入れのところをパカパカ」
それでも出ないときは新聞受け入れのところを開けて「デパスー デパスー」これだ・・
いい年したオジサンなのに母親には家の鍵をちゃんと渡してあるのになぜ使わぬ(-_-メ)
そういえば前に使ったら開かなかったと言われたこともあった気がする
それにしても恥ずかしい(/ω\)
家の中に入ると「掃除機かけなさい 食器を洗いなさい 洗濯物を干しなさい&取り込みなさい
ここ雑巾で拭きなさい 涼しくなってきたから窓も開けなさい 何故いつもあんたのパソコン電源が入ってるの」
などまるで子ども扱い 全然部屋も汚くないのよ掃除機もかけてるし 洗濯だってしてる 取り込んだ物を
そのままにしてるのは今からたたもうとしようとしてるだけ、PCの電源が入ったままなのは理由があるから
食器は昼ご飯を食べるときに洗うつもりでいたから、事実夕飯の食器は洗ったし トイレ掃除もした
俺のためを思って言ってくれてるんだろうけど、少々小言が多い( *´艸`)
んんで、食事に連れてってあげるとの事だったので俺が倒れたスキ屋へ
車での中ででも小言反論するとやられるので、「はい はいを連呼」
スキ屋へ到着して店に入るとさすが12時、人 人 人二つだけ席が空いていた
しかも開いてた席は俺がてんかんで痙攣を起こした席、母親に言うといつまでも同じ事をくどいっと言われた
ここで母親が病院で体重が落ち続けてるから検査しましょうと言われ、体重を測ったら36Kgとの事
女性で身長145cmで36Kgってやせてる方なのか男の俺には分からないので、母親に「先生は何て言っていたん?」
っと聞くとこの3っか月で5Kg落ちたと言われたらしい、母親曰く別に体調は悪くないし、食欲も変わってないと
思うと言っていたが、母親の食事を見るとかなりの食が細いあんまり食べないんだよね
ちなみに5Kgも落ちた時は、俺がてんかんで入院していた時も5Kgも落ちていた
先生に何か悩み事があるのとか、夜眠れないのとか 不安があるのとか色々聞かれたらしい
本人は別に何もないと言ってるが、母親は今朝の5時起きなのだ理由があり弟っと甥が実家に居候中
なので弁当を作ってるのが負担になっていると思う それにただでさえキツイ、ハルサーの仕事
それもあって痩せてるのだと思う、後ニーブーヤー(方言で中々起きれない人)の甥もいる
朝は毎日喧嘩だと言っていた、それも負担になってると思う
少しでも母親の負担を減らすため俺はハルサーを頑張らなければいけないな
あっ グミカミカミしながら記事書いていたら銀歯が取れましたw 明日歯科に行きまーす( 一一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です